アーカイブ

今月のおススメ|三澤珈琲
辰野店|三澤珈琲
塩尻店|三澤珈琲
松本店|三澤珈琲
カテゴリー:スタッフブログ

朝晩とても涼しく・・・というか寒くなってきました。

いよいよ本格的にコーヒーシーズン到来ですね。

今月のおすすめコーヒーは先日ニュークロップ(新豆)になったばかりのグアテマラ ラ タシータ農園です。

当店シングルオリジンコーヒーの中でも安定した人気を誇る優等生クンです。

 タシータ麻袋

 

 

中深煎りという焙煎度合いなのに感じることの出来る華やかで良質な酸、力強いボディ、コク、それらが甘味を伴ってスッと消えていきます。

昨夜閉店後にこっそり飲んだのですが、思わず唸るような旨さでした。

タシータ農園主&UG

先日来日された農園主ファジャ氏(中央)と奥様、弊社UGで記念撮影!!

 

 

農園情報

生産国●グアテマラ共和国

生産地域●アンティグア地区

農園主●ロドリック・ファジャ氏 ファンパブロ・ファジャ氏

農園面積●450ha(内)栽培面積:70ha

栽培品種●アラビカ種/ブルボン亜種ティピカ亜種カツーラ亜種

標高●1700~2100m

精製方法●水洗式

発酵時間:36~48時間 100%天日乾燥(アフリカンベッド)

年間降雨量の少ないアンティグア地方は、周りを山に囲まれた盆地であることから、日中温度差が
極めて高いことで知られています。特に標高1,800m以上では朝晩の温度が急低下することからコーヒー
栽培は困難とされているが、同農園はアカテナンゴ火山の麓に位置し、肥沃で柔らかい火山灰土壌と、
噴火中のフエーゴ火山の地熱の影響により、標高2,100mまでコーヒー栽培を可能とする稀にみる農園
です。
また、歴史と伝統に守られたシェードツリー(グラビレア)も50年以上の大木で覆われていることから、
コーヒーの樹木も上へ上へと太陽光線を目指し、いつの間にか4~5メートルの大木へと成長する様は
見応えがあります。
洗練されたピッカーたちの手作業にも、妥協を一切許されない農園の伝統を今も受け継いでいるのが
素晴らしい。

 

 

以上 ストーブとこたつが我が家では既に稼働している まっつんでした。

気がつくと、朝晩とても涼しくなっていました。外を見るとトンボが忙しそうに飛んでいます。秋はもうすぐそこまで来ているんですね~。

こんにちは 四季の中で秋が一番好きなまっつんです。秋晴れの高原ドライブ最高ですよ!

さて、今月のおすすめコーヒーは ニカラグア オメテペ農園です。

2016年クロップが終売になってしまいしばらくの間店頭から姿を消していたのですがいよいよニュークロップ(新豆)が入ってきました。今年も素晴らしい出来で、私も個人的にとても大好きなコーヒーです。

カカオ、オレンジのような柑橘系を感じさせる味、しっかりとしたボディ、飲みごたえもあります。

nicaragua3 ometepe2 nicaragua2

産地情報

・生産国:ニカラグア共和国

・品種:パカマラ種

・標高:1050~1350メートル

・地域:ヒノテガ県

・農園名:サンタマウラ農園オメテペ

・農園主:ホルヘ チャベス氏

・精選方法:ウォッシュド

・焙煎度合い:中煎り

 

大粒豆のパカマラ種、皆さんにも是非味わっていただきたいです。

 こんにちは、ユージです。

信州はここ数日-10℃を下回り、寒いというより痛いです(*_*)

ということでそんな極寒の地を逃れるように東京に生産国セミナーに行ってまいりました。

 

 石光商事東京支店で行われた今回のセミナーのテーマはパプアニューギニアとマンデリン。

日本のコーヒー輸入量の0.5%程度と、南米や中米のコーヒー生産国に比べるとマイナーなパプアニューギニアですが、

国自体の魅力やコーヒーへの取り組みを知れば知るほど今後注目していきたい生産国と感じました。

三澤珈琲では長い間シグリ農園を使ってきましたので、これからもパプアニューギニアにはお世話になりそうです。

 

 マンデリンについては昨年のエルニーニョの影響が今季入港分にどのような影響があるのかという事を教えて頂きました。

やはり農作物なだけに、気候の変化や異常気象などが起こると収穫にも影響が及びます。

今後の定番のマンデリンについては慎重に品質を見極めながら皆様にご提供できるものを仕入れていきます。

IMG_5244 IMG_5246

 日頃より三澤珈琲をご利用頂きまして誠にありがとうございます。

今年も残すところあと僅かとなりました。通販サイトをリニューアルして1年が経ちましたが、

まだまだ不慣れで、お客様には御不便をおかけした事もあり、この場をお借りしてお詫び申し上げます。

様々な反省をもとに、改善を図り、さらに魅力あるサイトに進化させて行きたいと思います。

 

 年内の最終受付はクレジット・郵便振替・代引き決済の場合は30日15時までにご注文を頂ければ年内発送致します。

銀行振込・コンビニ決済30日12時までにご入金確認がとれたご注文は年内発送致します。

 尚、年始は4日より発送業務を開始します。

 

 来年も美味しいコーヒーをより迅速・丁寧にお届けいたしますので何卒、三澤珈琲通販を宜しくお願い致します。

いよいよ師走に入りました。何かとせわしくなる季節ですが、忙しさの中にもゆとりと安らぎを求めたい、そんな貴方に是非お薦めしたい今月のコーヒーがこちらです。

グアテマラ ラ・ アゾテア農園 ・・・ 香ばしさとほろ苦さのなかに優しい甘さと旨味が隠れています。煎り加減はフレンチロースト(深煎り)です。

アゾテア農園のあるアンティグア地区のアグア火山とアンティグアの街並み

pixta_11672569_M2 pixta_16867134_S

残暑はまだまだ厳しいですが、標高の高いここ長野県では、朝晩がとても涼しくなってきました。寝るときは既に長袖長ズボンのまっつんです。

さて、今月のオススメ珈琲は、グアテマラ アンティグア地区 ラ タシータ農園です。

数年前、弊社社長の三澤が訪問した農園であり、その頃からのお付き合いのある農園です。
標高が高く寒暖の差があるので時間をかけてじっくりと旨味が凝縮されています。
浅く焙煎すると爽やかな酸味が、深く焙煎すると濃厚なチョコレートのような苦味と旨味が楽しめます。
当店では両方の良さを両立させるためやや深煎り(フルシティロースト)にて提供しています。
これから来る秋の夜長にまったりと楽しんでみてはいかがでしょうか。
タシータ麻袋
以下農園情報
年間降雨量の少ないアンティグア地方は、周りを山に囲まれた盆地であることから、日中温度差が極めて高いことで知られています。特に標高1,800m以上では朝晩の温度が急低下することからコーヒー
栽培は困難とされていますが、同農園はアカテナンゴ火山の麓に位置し、肥沃で柔らかい火山灰土壌と、噴火中のフエーゴ火山の地熱の影響により、標高2,100mまでコーヒー栽培を可能とする稀にみる農園です。
農園主●ロドリック・ファジャ氏 ファンパブロ・ファジャ氏
農園面積●450ha(内)栽培面積:70ha
栽培品種●アラビカ種/ブルボン亜種ティピカ亜種カツーラ亜種
標高●1700~2100m
精製方法●水洗式 発酵時間:36~48時間 100%天日乾燥(アフリカンベッド)

 いよいよブラジルのリオデジャネイロでオリンピックが始まります。様々な懸念材料が伝えられるなか、なんとか大きな事件などなく平和の祭典として盛り上がってもらいたいものです。

 ところで、今年のブラジル豆は表作にあたるため、収量は5500万袋も予想され大豊作です。巷には2011年、2014年のニューヨーク相場高騰の余波を受け今回も一昨年からの干ばつを根拠に高値煽りをする向きもありますが・・・実際は豊作で、ニューヨーク相場も落ち着いています。ただ、収穫期直前の6月上旬に大量の降雨があり、せっかく完熟したコーヒーチェリーが落実してしまうケースが多くあり、次回出回る商品の品質が懸念されます。また、昨年のエルニーニョの反動であるラニーニャ現象により今後も異常気象による中南米の農産物への影響が懸念されています。

 いずれにせよ品質チェックさえ厳格に行えばブラジルコーヒーは供給面では心配ありません。レアルも相当弱含んでいますのでコストパフォーマンス的にもブラジルコーヒーは魅力があります。三澤珈琲では社内でのカッピングや社外からの情報収集により、コーヒー大国ブラジルの名に恥じない素晴らしい品質のブラジル豆を皆様にご紹介してまいります。

 ブラジルコーヒーを片手に日本のアスリート、世界のアスリート達を応援しましょう!

 

 

 こんにちは、ユージです。

今月のおすすめコーヒーの「ブラジル サンタアリーナ農園」は

私が2014年に実際に訪問した農園です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 初めての海外がブラジルの農園視察というなんともハードルの高い旅でした(笑)

ニューヨーク経由(一泊)でおよそ24時間のフライトは長いのなんの・・・

ようやくブラジル サンパウロのグアルーリョス空港に到着したらそこから車で6時間の移動と、

旅のほとんどが移動時間になってしまいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いくつかの農園を回りましたが今回は【サンタアリーナ農園】に訪問した際の様子を簡単にご紹介いたします。

 

【サンタアリーナ農園】 サンパウロ州モジアナ

ブラジル到着後4日目で訪れたサンタアリーナ農園。

ひたすら山を進んでいくと突然広大なコーヒー農園が現れました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サンタアリーナ農園は一つの町のようになっていて、学校、教会などもあり

住民もいます。農繁期にはさらに多くの人でにぎわうそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

広大な農園の中をトラクターで案内して頂きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

サンタアリーナ農園で有名なこの「100年ブルボン」

樹齢が100年を超えるコーヒーの木は非常に珍しいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

品種によりコーヒーの木の背丈も様々ですね。

 

こちらはパティオ。収穫したコーヒーを乾燥させる場所です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

農園を見学した後はゲストハウスでバーベキューをごちそうになりました。

(けっこういろいろな農園でバーベキューをごちそうになりました(笑))

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やはりブラジル!

肉!肉!!肉!!!

うまかった~(*^_^*)

 

農園主のトゥカさん、すごくパワフルでフレンドリーな女性です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

すごく従業員思いなトゥカさんは、

働くみんなの環境を整え、幸せを感じて働いてくれるように最善を尽くす経営者の鏡のような方に感じました。

今後も継続してこの素敵な農園のコーヒーを扱っていきたいと思います。

 

他の農園でのお話はまた今度・・・