アーカイブ

今月のおススメ|三澤珈琲
辰野店|三澤珈琲
塩尻店|三澤珈琲
松本店|三澤珈琲
カテゴリー:スタッフブログ

こんにちは、まっつんです。暑い日が多くなってきました。まだ気持ちが夏モードになっていないので、焙煎室の気温が30度を超える日が続くとけっこうへこたれます(本当の真夏では40度を超えます) アイスコーヒーが美味しい季節になってきました。それでもさすが長野県、朝晩はとても涼しいので温かいコーヒーがとても旨い!!

 

さて、今月のおすすめコーヒーは、雄大なアフリカの大地が育んだケニア マサイAAです。

この珈琲を一言で表すなら「とても力強い珈琲」です。

柑橘系フルーツを思わせる甘味を伴ったやさしい酸味、どっしりとしたボディ感、ほんのり苦味。これらがガツン!と押し寄せてくる とでも言いましょうか。とても味わい深いコーヒーです。

ケニアマサイ産地 ケニア店頭

生産国:ケニア共和国(東アフリカの国)

生産地域:キリニャガ地区中心

標高:1600~2000m

精選方法:ウォッシュド式

 

 

5月になりました。大型連休まっただ中、皆様如何お過ごしでしょうか。

休日を楽しんでいる方もお仕事をしていらっしゃる方も”ホッ”と一息、美味しいコーヒーをどうぞ。

今月のオススメコーヒーは新商品、ブラジル ボンジャルディン農園です。

写真写真

写真写真

使用品種はブルボンで、アマレロ(黄色)の果実のみを収穫しています。

焙煎度合いは中深煎り。精選方法はパルプドナチュラル方式。

ナッツの香り、カラメルのような甘味、きれいな酸味、ほのかな苦味があり、バランスがいいです。
飲み終わった後にすっきり感もあります。
後味は、甘味が広がりつつも、すっきりしています。

生産地情報

●農園名   : ボンジャルディン農園
●農園主  : Josue氏
サントアントニオ ド アンパロエステートコーヒー生産者組合の協会長
●地 域   : ブラジル ミナスジェライス州ボンスセッソ
●農園面積 : 100ha
●産地標高 : 1,000~1,100m

 

個人的な感想としましては、柔らかな口当たり、香ばしいナッツの香り、飲みごたえがあるのに後味がすっきり、と非常に飲みやすいと感じました。ゆったりとしたい時などに飲みたいなぁ、と思えるコーヒーです。

以上、まっつんでした。

こんにちは。まだまだ花粉症と戦い続けているまっつんです。

もう4月だというのに・・・雪・・・降りました・・・。まだまだ気が抜けません。タイヤ交換のタイミングが難しいですね。

 

さて、今月のオススメコーヒーは珈琲発祥の地と言われているエチオピアのコーヒーです。

 

完熟したコーヒーチェリー(果実)をアフリカンベッドとも言われる方式で地面から離して丁寧に天日乾燥させます。フルーツの表面が真っ黒になるまで天日で乾燥させ、果肉の旨味成分がコーヒー豆(種子)に移っていきます。この過程(ナチュラル精選方法)で独特のモカフレーバーが生成されます。

イルガチャフィ アフリカンベッドイルガチャフィ チェリー

一言で表現するなら、とにかくフルーティ!!

いちご、ブルーベリーのようなナチュラルモカの香り、紅茶のような香り、青リンゴのような爽やかな香りも感じることができます。

ちょっと個性的ですが、「コーヒーは苦い飲み物」という常識をひっくり返してくれるとってもフルーティなコーヒーです。

魅惑のモカフレーバー、是非一度お試し下さい。

 

生産国:エチオピア連邦民主共和国

生産地域:イルガチャフィ地区

標高:1700~1800m

木の品種:イルガチャフィ在来種

精製方法:ナチュラル

焙煎度合:浅煎り

 

こんにちは 少しづつですが寒さも和らいできて春の訪れを感じられるようになってきました。

 

今月のおすすめコーヒーはパナマ ハートマン農園です

ハートマン袋

IMG_1063 IMG_1095

今回のハートマンも、とてもいい品質です。

木の品種がティピカ種からカツーラ種に変わったことにより、今まで通りの柔らかな口当たり、

スッキリ華やかな香味にプラスされてキレのよさも感じることができました。

農園データ

品名 ハートマン農園 カツーラ フルウォッシュ
生産国 パナマ
地域 チリキ県カンデラ地区サンタクララ
生産者 ハートマン・ファミリー
クロップ 2015/2016
規格 SHB、EP
欠点規格 0-6/300g
スクリーン スクリーン16アップ
木の品種 カツーラ
その他 標高1500メートル、スミソニアン博物館の研究員が住込んで鳥や野生動物を観察。
精製方法 フルウォッシュド
開花時期 4月-5月
収穫時期 12月-3月
船積時期 2016年9月

 

もう一つ!3月からは季節のブレンドが変わります。

昨年から始めて好評だった春の限定ブレンド ”春らんまん” スタートします。

春らんまん

 

暖かくなってきて、なんだかウキウキ、ワクワクしてきます。春って良い季節ですね!!

 

・・・花粉さえ無ければ・・・

 

花粉症と約20年闘い続けている まっつんでした。

こんにちは まっつんです。

まだまだ寒い日が続いていますが、だからこそ、朝一に飲むコーヒーはホッとしますね。

 

今月のおすすめコーヒーは

ブラジル ヘクレイオ農園です。

DSC_0245ヘクレイオ チェリー

 

ヘクレイオ農園景色

農園情報

栽培エリア●サンセバスチャン・ダ・グラマ

農園主●ホメロ ティシェイラ ヂ マセド ジュニア氏

栽培品種●イエローブルボン亜種

標高●1100~1250m

精製方法●パルプドナチュラル

焙煎度合●中深煎り

   サンパウロ州 サン セバスチャン ダ グラマに位置するへクレイオ農園は高品質のコーヒーを生産することで知られています。豊かな土壌、穏やかな気候、1100~1250mの標高、そして日照の良さが熟度の高いコーヒーチェリーを育てる完璧な環境を作り出しています。
 チェリーの収穫は5月中旬から始まり、手作業により布の上にしごき落とす方法で行われます。収穫後その日のうちに、選別・パルピング(果肉除去)されます。。均質化させるために倉庫に移され、少なくとも30日間はレスティング期間を設け、次の工程に進みます。ヘクレイオ農園で生産された全てのコーヒーは農園、積み込み、倉庫への格納までの輸送経路がトラッキング(商品情報の追跡)され管理されています。
 労働者の住宅が68棟建てられ、サッカー場、教会、病院、コンピュータールームが労働者の子供たちに用意されスポーツや文化活動も盛んです。農園には、正規雇用の労働者が45名、収穫時の短期労働者が100名在籍しています。

 

飲んでみて、ナッツのような香ばしい香味、豊かなコクがありながら後味はスッキリ、といった感想を持ちました。

チョコレートとの相性もとても良いと思います。2月はあの日もありますし・・・

 

 

 

いよいよ本格的な寒波がやってきますね。

外は極寒でも家の中では暖房器具を上手に使って体温を奪われないようにしましょう。

寒い冬は甘いお菓子でカロリーも少し多めに取りましょう。そしてテーブル(こたつ?)の上には温かいホットコーヒー!

濃厚なのに甘味もしっかり感じるこのブレンドコーヒーは寒い季節にぴったり。身も心も貴方を暖めてくれることでしょう。

DSC_0129 (768x1024)

いよいよ師走に入りました。何かとせわしくなる季節ですが、忙しさの中にもゆとりと安らぎを求めたい、そんな貴方に是非お薦めしたい今月のコーヒーがこちらです。

グアテマラ ラ・ アゾテア農園 ・・・ 香ばしさとほろ苦さのなかに優しい甘さと旨味が隠れています。煎り加減はフレンチロースト(深煎り)です。

アゾテア農園のあるアンティグア地区のアグア火山とアンティグアの街並み

pixta_11672569_M2 pixta_16867134_S

お待たせしました!!

三澤珈琲で大人気の「黒糖ラテ」今年も始めます!

黒糖ラテ

黒糖の味と香りがコーヒーのコクと深みをより一層引き立て、

黒糖の甘味が口いっぱいに広がる優しいラテに仕上がりました。

今年は日本最南端の有人島「波照間島」からの黒糖を使用します。

※松本店は明日からの販売です。

 

 

 

11月になり寒さが増してきました。ここ長野県では山の上の方が雪で白くなってきたところもあるそうです。信州の秋は短いですね。

 

さて今月のおすすめコーヒーは パナマ バホモノ農園 ドンベンジー です

ドンベンジー

先日の記事でも書きました今期のパナマが決定しました。

バホモノは、ボケテ地区にある地名。火山灰土壌、透き通った湧水、微気候による霧がコーヒーの栽培に適しています。

地名を農園名にしているため、ブランド名として、「ドン ベンジー」を使用しています。ボケテ地区でティピカ種を生産しているバホモノ農園。

ブランド名の「ドン ベンジー」はオーナーの名前から付けられています。

焙煎度合はシティロースト(深煎り寄りの中煎り)

優しく柔らかな口当たり、適度にボディ感が有り、甘さを残してスッと消えていく余韻がたまりません。

是非一度お試し下さい。

 

肉厚なのに寒がり、既に〇ートテッ〇のシャツとダウンジャケットを装備して通勤している まっつんでした。

 

 

秋の夜長、本を片手にゆったりとした時間を過ごす・・・

そんな姿が絵になる季節になりました。

まろやかなコクと芳醇な香り、そしてあと味が綺麗で、冷めてからも美味しい・・・

こんなイメージを最初に共有し、スタッフが苦心の末に開発した「季節限定ブレンド」ができました。

「あかね色」・・・秋の夕暮れ、西の空を染め上げたこの色合いにふさわしいブレンドです。

四季のブレンドシリーズで一番最後になりましたが、「自信作」です!

秋の夜長が待ち遠しくなる事請け合いですよ。

DSC_0070 (1024x768)