送料割引|三澤珈琲

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

珈琲豆一覧|三澤珈琲
今月のお勧め|三澤珈琲
社長の小部屋|三澤珈琲
辰野店|三澤珈琲
塩尻店|三澤珈琲
松本店|三澤珈琲

会社案内

三澤珈琲|長野県松本市

メッセージ

昭和54年、私は東京から長野県に移り住みました。

慣れない土地、生活習慣に戸惑いながらも自然豊かな環境や地域の人々との温かいふれ合いに感謝しつつ暮らし始めたのです。
しかしどうしてもストレスを感じざるを得なかったのは、「気兼ねなくひとりで居られる喫茶店」と必須アイテムである「美味しい珈琲」の欠落でした。 当時都会では「珈琲専門店ブーム」がそのピークを過ぎようとしていた頃で、地方にもその影響で喫茶店が増え始めていましたが、殆どは夕方からスナックと称してアルコールとカラオケを売りにするお店に変貌してしまうのでした。

「この地域にどんな人々も気兼ねなくくつろげる真のパブリックスペースとしてのコーヒー店を作りたい」と思うようになるまでに時間はかかりませんでした。当時はインターネットも無いため情報も人脈もそしてもちろんお金もありません。1ドル300円以上の相場の時代で、手に入るコーヒー豆は高い割りに品質は・・・(?)と言う状態でした。本当に「五里霧中」、手探りの状態で美味しいコーヒー作りを目指しはじめたわけですが、生豆の調達も難しい時代、自家焙煎という当時地方においては珍しくもまた手間のかかる手法を取らざるを得なかったは、ひとえに「地域の皆様により美味しいコーヒーをお値打ちな価格にて提供したい」との一念でした。(私たちのFirst Wave)

1995年、アメリカのシアトルに出かけた際に街中を席巻していたスターバックス(日本にはまだ未上陸)とシアトルズベストコーヒーの勢い、そして市民がその場を有効利用し、パブリックなものとしている様子を見て、私のコーヒーショップに対する考えに少し変化がもたらされました。コーヒーが苦手な女性でも抵抗無く受け入れてもらえるカフェラテやカプチーノの本格的な導入を視野に入れ、地方では普及していなかった業務用エスプレッソマシンを日本の伝統的なドリップコーヒーのお店(自店)に導入したのです。さらにこの渡米時、同じシアトルでマイクロソフトの「ウィンドウズ95」のお披露目が行われていたのも何かの縁を感じざるを得ません。(私たちのSecond Wave)

急激なグローバリゼーションと情報化の嵐の中で、今まで苦渋を味わってきたコーヒー産地情報の希薄状態が解消されました。情報格差がなくなる事によって私たちも「スペシャルなコーヒー」を手に入れることができるようになり、産地に直接出向いて生産者の顔が見えるコーヒーを買い付ける事も出来るようになりました。開業当時、欠点豆の多さゆえに夫婦ふたりで深夜までハンドピックに追われた時期が嘘のように今は産地で綺麗に精選され、現地でハンドピックにより欠点豆が殆ど除去された豆が相応のお金さえ出せば比較的簡単に手に入る時代になったのです(もちろん今でも最終ハンドピックは欠かしていませんが)。業界関係各位のご努力に深く敬意を表したいと思います。(私たちのThird Wave)

 
「君たちは今、熱きコーヒーの大地に向かっているのだ!」 

"Successful Failure" と呼ばれたアポロ13号のドラマチックな地球生還を皆さんは覚えている(聞いたことがある)でしょうか?
宇宙空間で起きた事故により殆ど絶望的と思われた地球への帰還、ウィンナ-も凍るほど冷え切った船内、NASAの管制官が凍えるクルーに呼びかけた言葉は、彼等にどれほど生きる希望を与えたことでしょう。

宇宙に漂う小さな地球、その奇跡の惑星の大地に育まれたコーヒー・・・そう考えると当たり前のように消費しているこの地球の産物が限りなく愛おしく感じてきます。「コーヒーは大地の恵み」なのです。

コーヒー業界はこれから"Fourth Wave"の時代に入ろうとしています。これはまさにこれからどのような世界がこの地球上に出現してくるかに絡んでくるのでしょう。「世のためになるコーヒー屋」であり続けるために、手探りではありますが、お客様と共に歩んで参りたいと考えています。

三澤珈琲からのメッセージ

会社概要
店名 三澤珈琲
会社名 有限会社三澤珈琲
創立 1983年
資本金 1,000万円
代表者 代表取締役 三澤 顕介
本社所在地 〒399-0721
長野県塩尻市金井263
電話番号 0263-51-5620
FAX番号 0263-54-3688
業務内容 珈琲豆・珈琲器具販売/直営カフェ運営
プロフィール 代表取締役 三澤顕介略歴
昭和29年: 東京に生まれる
昭和53年: 立教大学史学科卒
昭和54年より長野県に定住
昭和56年頃より自家焙煎コーヒーの研鑚を積み始める
昭和58年「三澤珈琲店」開業
平成 4年: 長野県伊那市に本店を構える
平成10年: ホームページ開設
平成11年: インターネットショッピングサイトオープン
平成14年: 辰野店新装移転オープン
平成16年: 「有限会社 三澤珈琲」を設立
平成16年: 三澤珈琲塩尻店オープン
平成20年: 三澤珈琲伊那店移転新装オープン
平成24年: 資本金1,000万円に増資
平成26年: 伊那店事業譲渡
平成26年: 塩尻店10周年記念事業(店舗改装、ホームページリニューアル)
平成27年: 松本店新規オープン
平成27年: インターネットショッピングサイトリニューアル
メッセージ 毎週月曜日・第一木曜日が定休日となります。